キレイの先生

ホーム > スキンケアの基本 > 

美肌のために最低限守りたいスキンケアの3つの基本

エステサロンFD  久保 信乃 先生

1100005_a01

きれいなお肌を保つためには、まずお肌が健康であることです。せっかくスキンケアをしても十分な効果が出にくいですし、メイクのノリも悪く余計な時間がかかってしまいます。忙しい毎日の中でお手入れに時間を割くのは難しいかと思います。それでも、これだけは守ってほしい、これだけはやらないで、といったお手入れのアドバイスをご紹介いたします。

1. 洗顔でやってはいけないNG

スキンケアでクレンジングと洗顔はとても大切です。お肌の汚れをしっかり落とすことで、そのあとの保湿や毛穴の開き、メイクのノリも大きく変わってきます。間違った洗顔方法は逆効果になってしまうこともあります。よくありがちなNG例をいくつか具体的にお伝えいたします。 

強く洗顔しない

洗顔でキレイにするのは、毛穴の汚れです。お肌の表面を洗うのに力はいりません。コツとしては肌が揺れないくらいを目安にしてください。どうしても力が入ってしまう方は、中指、薬指、小指だけで洗ってください。お肌に一番いけないのは摩擦です。うっかり強く洗うと、シミ、乾燥、小じわの原因になります。

できるだけ指を触れない

メイク落としのときは、指がお肌に触れないようにしてください。クレンジングはお肌を滑らすように、洗顔は泡をお肌の上で転がすように、指を動かしてください。お肌に指が直接触れると摩擦が起きてしまい、肌トラブルの元となります。指が触れなくても、十分に汚れを落とすことはできるのでご安心ください。

シャワーで洗顔しない

楽だからとお風呂のついでにシャワーで洗い流すことは避けた方が良いです。理由は2つあります。ひとつめは、シャワーの勢いはお肌に強すぎます。お肌の大事な保湿成分を流してしまい、乾燥を招いてしまいます。もうひとつは、温度が高すぎること。肌に良い温度は32度以下が理想です。体にはぬるく感じるのでついつい高い温度にしがちですが、肌にとって高すぎる温度は乾燥を招いてしまいます。どうしても浴室でお手入れをすませたいときには、ぬるめの温度で、顔に直接当てずに手ですくって洗うようにしましょう。

洗顔のあとすぐに保湿する

洗顔をしたあとは、すぐに保湿をしてください。温かいお湯で洗顔した直後のお肌は、毛穴が開いている状態です。放っておくと乾燥してしまうので、すぐに化粧水をつけて引き締めてあげてください。また、化粧水や美容液が吸収しやすくなっているので、お手入れのチャンスです。

2. 寝るときにやってはいけないNG

メイクをしたまま寝ない

ほとんどの女性がご理解されているかと思いますが、それでもやってしまう方が多いのが、メイクをしたまま寝てしまうことです。メイクをしたまま寝てしまうと、皮脂とファンデーションの成分が混じり合って雑菌が繁殖してしまい、毛穴のひらき、くすみ、ニキビ、乾燥、たるみといった多くの肌トラブルを招いてしまいます。特に、ニキビでお悩みの方は絶対NGです。

どんなに疲れて帰宅しても、メイクを落としてからお休みになってください。もしうっかり寝てしまったなら、翌日は丁寧なスペシャルケアをしてお肌を労ってあげてください。

食事してすぐに寝ない

食事してすぐに寝てしまうと、太りやすいということはご存じだと思いますが、お肌にも良くありません。肌細胞は寝ている間に修復されます。修復の材料となる栄養素を血液が運ぶのですが、食べた直後は消化のために、胃に血液が集中してしまいます。せっかく良い化粧品をつけても、良いサプリを飲んでも、血液が胃に向かっては、肌修復が満足に行われないので、もったいないです。美肌のためにも、就寝2~3時間前には食事を終えておくことが理想です。

3. 外出でやってはいけないNG

日焼け止めをつけずに外出しない

紫外線は肌の天敵です。

気をつけなければいけないのは、紫外線の強い5月~9月だけではありません。美肌を目指すなら、1年中紫外線対策を意識してください。夏の晴れた昼間よりも、曇った日や朝や夕方の方が油断して、日焼けしやすい方が増えるので、天候や時間を問わず注意です。

また、日傘を差しているからと、日焼け止めをつけない方がいらっしゃいますが、ビルの間を歩くとビル壁の乱反射で日傘の中までも紫外線は進入してきます。常に日焼け止めをする癖をつけてください。

SPFは強すぎる必要はなく、SPF30くらいまでで十分です。高すぎると、かえってお肌に負担をかけます。優しい日焼け止めをマメにつけ直すことが大切です。ミルクタイプ、スプレータイプなど様々な日焼け止めがあるので、ご自身の生活スタイルや性格に合ったものを選んでみてください。

まとめ

正しいスキンケアをすれば、お肌はだんだんときれいで健康さを取り戻してきます。お肌が健康になると、洗顔後のお肌の感触や化粧水や美容液の浸透感も変わってきます。今回ご紹介したことを日々の生活に取り入れてみて、お肌の変化を楽しんでみてください。

本日のキレイの先生